お肌の乾燥が気になる人には、この美白クリームはおすすめです。

 

日焼けが気になる季節には、医薬部外品としての炎症止め成分が配合されていますし、化粧水や美容液の成分を閉じ込めて、お肌のハリやうるおいに貢献します。

 

【お急ぎの人へ】

開く

「アスタリフトホワイト クリーム」(美白クリーム)の特長を確認!

役割 おすすめ度 口コミの評価点 ライン
@コスメ Amazon 楽天
美白クリーム
ナノAMA+
4.7
(47件)
4.0
(4件)
4.78
(9件)
AL
W
表彰歴  
特徴

【医薬部外品】

  1. 独自の複合成分「ナノAMA+」など、豊富な種類の美容成分を配合
    美白有効成分「アルブチン」、シリーズ共通の美容成分「ナノAMA」に米ぬか由来のポリフェノール「フェルラ酸」を組み合わせた「ナノAMA+」「メマツヨイグサ種子エキス」「ナノアスタキサンチン」「アンズ果汁」「3種のコラーゲン」などを配合

  2. なめらかに伸びる軽やかな使用感

    クリーム特有のベタつきを抑えて、肌によくなじむ、なめらかな使用感を実現、早めに化粧に移れる

全成分
(タップすると表示されます)
●医薬部外品としての有効成分:アルブチン、グリチルリチン酸ジカリウム ●その他の成分:コラーゲン・トリペプチド F、水溶性コラーゲン液、アスタキサンチン液、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、ツボクサエキス、フェルラ酸、メマツヨイグサ抽出液、ヒアルロン酸Na-2、アンズ果汁、スクワラン、天然ビタミンE、大豆リン脂質、ペンチレングリコール、DPG、濃グリセリン、PEG6000、ベタイン、BG、シア脂、サラシミツロウ、ベヘニルアルコール、親油型ステアリン酸グリセリル、イソステアリン酸POEグリセリル、ジメチコン、高重合ジメチコン-1、シクロペンタシロキサン、アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80、エタノール、オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、グリセリン、フェノキシエタノール、香料、粘度調整剤、pH調整剤

 

アスタリフトホワイトのトライアルキットの中で、4番目に使うのは美白クリームの役割を担う「アスタリフト ホワイト クリーム」です。

 

アスタリフトホワイトの中ではクリームはちょっと地味な存在ですし、実際に単品としての口コミの件数も少なく評価点も地味めで、その保湿力に対してネガティブな口コミもみられます。

 

ただし、やはりセットで最後のクリームまでセットで使って、美白だけでなく肌の保湿の面でもよい傾向が見られるのだと思います。

 

ちなみに、上で解説した「ブライトローション」と「クリーム」、更に「D-UVクリア ホワイトソリューション」だけに「ナノAMA+」という成分が配合されています。

 

この「+」の部分がポイントです。「フェルラ酸」といって、肌に発生するアルデヒドの活動を抑えてくれる機能を持っています。

 

二日酔いのときに頭痛の元になったり気持ち悪くさせられるのは、アセトアルデヒドという成分ですが、肌がくすんだりする背景には、やはりアルデヒドの仲間のアクリルアルデヒドという成分が肌に悪さをすることがわかってきています。

 

(富士フィルムでは、この状態を“肌の悪酔い”状態と表現しています)

 

技術的なことや、口コミなどを読むと、この「ナノAMA+」が配合されている「ブライトローション」と「クリーム」は、肌のシミ予防というより肌のくすみや暗さの改善のためにはぜひ活用したいところですね。

 

化粧水でこの「ナノAMA+」を染み込ませ、シミ予防に尖った美容液を挟んで、更に上からクリームとUVケアで「ナノAMA+」でお肌にフタをする、という流れがよりベターだと考えます。

 

 

アスタリフト ホワイト クリーム(美白クリーム)の口コミと評判を確認!

「ホワイト」のラインとしてはスキンケアの最後に使うことになる「アスタリフト ホワイト クリーム」の口コミの状況を解説します。

 

アットコスメの評価点の平均は「4.7」となっています。

 

「クリーム」も「ブライトローション」と同様に、「ライン使いしなくちゃだめ?」「美容液だけじゃだめ?」という視点で見られがちな立場にあります。

 

実際のところ、口コミの良い悪いは、微妙に別れています。

 

いろんな口コミに目を通してみて思いますが

 

「アスタリフト ホワイト クリーム」というクリームを、一般的にスキンケアの最後で使う保湿系目的のアイテムとして見るか?

 

それとも、世界最先端の技術と独自成分が配合されている美白クリームとしてみるか?

 

それぞれによって、評価は異ってくるのだろうと思います。

 

後者なら、使い続けるしかありません。

前者なら、保湿力とかエイジングケア的な早期の効果や変化に期待したくなるのは当然ですよね。

 

アスタリフトホワイトのシリーズでは、全般的に保湿力や乾燥肌対策については口コミの評価は分かれるところです。

 

したがって、確実に保湿を!ということなら「ホワイト」よりも「アスタリフト」本体のラインを使うべきだと思います。

 

では、「アスタリフト ホワイト クリーム」に保湿力やエイジングケアの機能がないかと言うと、そんなことはなく、下記のいい口コミも見ていただきたいですが、お肌のハリが良くなった、という声を中心に高評価も見られます。

 

月次な言い方になってしまいますが、まずは実際に使って見ることをおすすめしたいアイテムです。

 

ちなみに「アスタリフトホワイト」のラインにおいての「クリーム」の位置づけは、美容成分を閉じ込める、という大切な役割を担っています。その前に使う化粧水と美容液の美白成分を閉じ込めるわけですね。

 

アスタリフトホワイトの一連のアイテムをどう評価するか?というと、保湿機能が高い、ということよりも、自分の肌で水分を保てるチカラを持てるように肌質をあげる助けをするアイテム群、という見方をしたほうが正確かもしれません。

 

となると、テクスチャが濃いクリームの利用は必須なわけですね。

 

 

アスタリフト ホワイト クリーム(美白クリーム)の「悪い口コミ」をチェック!

では「アスタリフト ホワイト クリーム」の購入者の「悪い口コミ」の例を紹介します。

 

このクリームをつけたら目の周りがしばらく痒かったです。
残りをハンドクリームに使いました。私には合わなかったみたいです。

【40代前半・乾燥肌】
引用元はこちら

私の肌に合わなかったのか、クリームが思ったより重めで、保湿されるというよりベタベタ感が強く感じました。

朝はメイクがヨレるので使えず、せめて夜でもと思いましたがベタつきに慣れませんでした。

アスタリフトの他の商品は気に入っていますが、このクリームに関してはリピはナシです。

【30代後半・乾燥肌】
引用元はこちら

 

アスタリフトホワイトシリーズを定期購入して2個目を使用中です。
30g5000円でクリームはお得!と思っていましたが、残念ながら潤わないのでかなりの量を一回に使うことになり、定期購入のローションや美容液より早くなくなります。
目の周りはとくにこのクリームだけでは乾燥してしまうので、アイクリームが欠かせません。

【40代後半・混合肌】
引用元はこちら

 

 

アスタリフト ホワイト クリーム(美白クリーム)の「いい口コミ」をチェック!

続いて「アスタリフト ホワイト クリーム」の購入者の「いい口コミ」の例をピックアップしました。

化粧水(ブライトローション)美容液(エッセンスインフィルト)クリーム(ホワイトクリーム)ラインで使用中です。

こちらのクリームも化粧水、美容液と同じくオレンジ色のクリームでしっとり感が持続します。
最初適量が分からず、やや大きめのパール粒大との説明書きに困惑しておりましたが
梅雨の時期にはパール粒小でもしっとり感があるのでコスパ良いのではないかと思います。

アスタリフトホワイトシリーズはしっとりしているので、紫外線が気になる時期だけでなく乾燥の時期にも継続して使えそうです。

ラインで使用して2ヶ月程ですが、確実にハリが出ました。
自分だけに分かる小さな変化にニンマリしております。

【40代後半・乾燥肌】
引用元はこちら

 

速攻性にびっくり
翌日のハリが違う
瞼の窪みが浅くなってる気がしました

ラインで使用したいもののお値段がはるのと
化粧水で痒みが出るので
他の化粧水や乳液にこのクリームを使用してます
でもこのクリーム使うだけでも効果あり
30オーバーには特におすすめです

【30代前半・混合肌】
引用元はこちら

 

アスタリフトシリーズの中で今1番気に入っています。

軽めのテクスチャーで伸びがよく、潤いをしっかり閉じ込めたようなハリがあるもっちり肌になるのがお気に入りポイント。

ダマスクローズの香りがほんのりします。美白有効成分として「アルブチン」を配合しているので紫外線ケアもバッチリ。

詰め替え用を購入しリピートしていますが、詰め替えのセットもとても簡単でした。

【30代前半・普通肌】
引用元はこちら

 

ちなみに「アスタリフト ホワイト クリーム」にも“肌の悪酔い”を抑える「フェルラ酸」が配合されています。(ナノAMA+)

 

「ナノAMA+」が注目のアスタリフトホワイトこそは、まずは化粧水で浸透させ、美容液を挟んでクリームでパックする、という流れは欠かしたくないところです。

 

 

アスタリフトホワイト クリームの販売ショップと実勢価格を確認!

アスタリフトホワイト「クリーム」の販売ショップと実勢価格

 

定価

公式

定期購入(10%off、送料300円)※~最大15%off

Amazon 楽天市場

Yahoo!

ショッピング

マツモトキヨシ

ネット通販

本品 5,500円 5,250円 5,212円 4,902円 4,798円 5,445円

レフィル

5,060円 4,854円 4,520円 4,387円 4,502円 5,009円

※2020年2月中旬調べ、税込価格

※公式定期購入の割引は1回のみでも適用可

※送料とポイントバックも含めて算出

※「レフィル」=詰替え用

※一部、並行輸入品が混ざっている可能性もあります

 

アスタリフトホワイト「クリーム」(美白クリーム)も「エッセンスインフィルト」と同様に本体の最安値はYahoo!ショッピング、詰替え用のレフィルは楽天が最安となっています。

 

フジフィルムの公式通販ショップは送料が5,000円以上(税込)なら無料となりますが、ブライトローションとこのクリームがギリギリ引っかかってきてしまいます。

 

なので、クリームとブライトローション、というようなセットで購入するようにすれば、ぐっとお得感は高まりますよ。

 

上で「エッセンスインフィルト」が美白系の主役、と書きましたが、ブライトローションやクリームには、エッセンスインフィルトには配合されていない成分もあります。

 

そして正直に書きますが、実際のところシミというものはどんなコスメを使っても簡単には結果は出ない中で、肌の明るさやくすみの改善、というところに絞っていえば、このクリームとブライトローションという2品は絶対に注目しておくべきアイテムだと思います。

 

セット使い、ライン使いしてこそ、アスタリフトホワイトの本当のコスパの良さが発揮されるのだと思っています。